外壁調査・外壁診断/打診調査/赤外線調査/光波測量機ひび割れ調査(KUMONOS/クモノス)
建物の外壁タイル・モルタルの調査のご相談、調査費用のお見積もり等、お気軽にご依頼ください

株式会社IRテクニカル

株式会社IRテクニカル
調査方法/光波測量機ひび割れ調査

調査方法

/光波測量機ひび割れ調査

打診調査 | 赤外線調査 | 目視調査 | 光波測量機ひび割れ調査

光波測量機ひび割れ調査(KUMONOS/クモノス)

光波測量機ひび割れ調査 光波測量機ひび割れ調査システム(KUMONOS/クモノス)は、クラックスケールを内蔵したひび割れ調査専用の光波測量機により、離れた場所から非接触でひび割れの位置、幅、長さを計測、記録し、記録されたデータからコンピュータ上で正確な図面を生成します。

 目視調査に比べ、幅・形状・位置が正確に記録出来るため、精度の高い結果が得られます。
 また、継続的に調査を実施する事により、クラックの成長を把握する事が出来、長期的な劣化進行の予測・対応が可能になります。

光波測量機について

ひび割れ測量見本 光波測量機[SET-KKS]はクラックスケールを内蔵した測量器で、離れた場所からひび割れの正確な位置、幅、長さを計測します。

 50m先の0.2mmのひび割れ、80m先の約0.31mmのひび割れを測定可能です。
 また、構造物のポイントを計測・記録する事によって、建物の正確なCAD図面を作成する事も可能です。

光波測量機

NETIS[準推奨技術]登録

 国土交通省は、新技術の活用のため、新技術に関わる情報の共有及び提供を目的として、新技術情報提供システム(New Technology Information System:NETIS)を整備しました。NETISは、国土交通省のイントラネット及びインターネットで運用されるデータベースシステムです。

 光波測量機ひび割れ調査システム(KUMONOS/クモノス)は、NETIS登録技術約4000件のうち、32件にのみ与えられている準推奨技術に[ひび割れ計測システム]として登録されています。

光波測量機[SET-KKS]仕様

SET-KKS仕様
望遠鏡
 

全周回転、測距測角同軸光学系

 

対物有効径:45mm

倍率:40x、分解率:2.5”、視野:1°

  最短合焦距離 :1.3m、十字線照明装置 
測角部
測定方式

アブソリュウート・ロータリエンコーダ方式、

対向検出

最小表示 水平角・鉛直角共 5″
精度°1 5″
傾斜角自動補正機構 液体式(2軸)
微動装置 同軸固定微動つまみ、精/粗2スピード微動
測距部
測定方式 同軸型変調式位相差測定方式
光源

赤色レーザーダイオード 690mm

クラス3R(JIS C 6802 : 2005)

測定可能範囲

反射シートRS50N−K:1.3〜300m

ピンポールプリズムOR1PA:1.3〜500m

標準反射プリズムPO1AR×1:1.3〜4000m

ノンプリズム(白色面)゜4:0.3〜350m

精度

(Dは測定距離、単位はmm)

プリズム使用時

 精密測定 : ±(2+2ppm×D)mm

反射シート使用時
 精密測定 : ±(3+2ppm×D)mm
データ記録
データ記憶装置容量 約9,900点

 

 

外壁調査に関して、お気軽にお問合せください:フリーダイヤル.0120-67-1560/TEL.03-6795-1560

打診調査 | 赤外線調査 | 目視調査 | 光波測量機ひび割れ調査


お問い合わせ会社案内