外壁調査・外壁診断/打診調査/赤外線調査/光波測量機ひび割れ調査(KUMONOS/クモノス)
建物の外壁タイル・モルタルの調査のご相談、調査費用のお見積もり等、お気軽にご依頼ください

株式会社IRテクニカル

株式会社IRテクニカル
調査方法

外壁調査の目的/
補修・改修のための外壁調査

特殊建築物定期調査における外壁全面調査
補修・改修のための外壁調査
資産価値評価・向上のための外壁調査

調査の目的

 劣化、破損した外壁の補修・改修のために、あらかじめ劣化調査を行います。
大きく分けて次のような目的があります。

補修・改修方法の検討 劣化位置・数量を明確にする事で、補修・改修方法を細かく検討出来るようにします。
補修・改修費用の検討 劣化位置・数量を明確にする事で、補修・改修費用の見積もりを具体的に行う事が出来ます。
一般的に、外壁改修工事の見積もりは実際の金額と大きく違ってしまうケースが多く見られますが、事前に調査を行う事でより的確な見積もりを検討する事が可能になります。
補修・改修時期の検討 劣化位置・数量を明確にする事で、効率的な補修・改修計画を立てる事が出来ます。
例えば「劣化の進んだ面を優先的に補修し、劣化程度の低い面の補修計画を何年か先延ばしにする」といった検討が可能になります。

調査範囲

 調査範囲は補修・改修を行う範囲になります。
 美観重視の範囲、外壁材の剥落等により歩行者に危害を与える可能性のある範囲、または全面行う場合もあります。
 必要な範囲の検討の際には弊社専門スタッフがご対応させて頂きます。お気軽にご相談下さい。

調査方法

 劣化部の数量確認のため、打診調査が適しています。
 全てを打診調査で行う場合はコストがかさんでしまうため、状況に応じて一部赤外線調査を組み合わせる事で、精度の低下を抑えた上でコストを下げる方法も検討出来ます。
 建物の形状、立地条件等によって変わってきます。
 弊社では、実際に現地を拝見させて頂いた上で適切な方法をご提案させて頂いております。

外壁調査に関して、お気軽にお問合せください:フリーダイヤル.0120-67-1560/TEL.03-6795-1560

特殊建築物定期調査における外壁全面調査
補修・改修のための外壁調査
資産価値評価・向上のための外壁調査


お問い合わせ会社案内